1877

勾玉の製法について知る

職人歴50年のベテランや
伝統工芸士、彫刻家たちの
技法を重ね合わせ生み出す唯一の勾玉

1.ひき割り

厳しい目利きにより碧玉の原石の中から全体の一割にも満たない濃い緑一色が掘り出され、制作に相応しい部分だけいが細工の工程へと進む。

2.穴あけ

研磨剤となる砂を超音波穿孔機の先端に沿って流しながら、超音波振動により高精度の深穴を実現していく。超音波穿孔機の穴開け部分の先端はパイプ状になっており、抜かれた碧石はその正確性を物語る

3.丸く整える

長い年月をかけて追求したのは勾玉の外形。独特で神秘性が漂う、ひときわ美しい背中部分のまるみ、厚みやそのカーブ、膨らみ具合などの細部に当店こだわりがあり、また職人の魂が宿る。

4.バレル研磨

川の下流や海岸にある石が、角が取れて丸くなっているのと同じ原理で、樽容器に勾玉や研磨のための石、水を入れて振動を与え、石同士のぶつかり合いをつくり研磨をしていく。

5.丸玉を磨く

勾玉作りと別の製法で左右対称を目指して加工が重ねられる丸玉。入念に手磨きされたその輝きは、ほぼひとりの職人によって作り上げられる。

日本では新潟県佐渡地方、青森県津軽地方、そして島根県松江市玉造の花仙山が”青めのう(碧玉)”の産地として知られています。 出雲特産青めのう”碧玉”の特徴は、何と言ってもその日本海の碧のごとく深い藍色と光にかざすと浮かび上がる縞や斑紋などの地模様です。

日本最古の勾玉

松江市玉湯町の玉造温泉にある花仙山では、弥生時代から勾玉の材料として、めのうが採掘されてきました。 今では採掘が制限され、当店では出雲の地で細工されためのうをストックしています。

勾玉(碧玉)のランクについて

碧玉にはランクがあり、色が濃く、色ムラのないものがグレードが高いとされています。
黒に近いような濃く深い碧色のものが、最上級のSAランクですが、ほとんど当てはまるものがありません。
SAの他にAAA、AA、Aとランクがあり、以下のように分類されています。
※石のランクは当店規定によるものになります。

AAAランク

SAほどではありませんが、濃い碧色で、色ムラが少ないものです。
通常はこのAAAが上等な石とされています。
AAAでも当てはまるものは1〜2割程度です。

AAランク通常ランク

AAAのような濃い碧色でも色ムラやクラック(小さいヒビや穴)があるものや、色ムラやクラックはなくても碧色が薄いものです。
色の違いによって縞模様になっている場合もあります。
勾玉によって色や模様の違いがはっきりとしていますので、
自分だけのお気に入りを見つけやすいランクの石です。

Aランク

碧色が薄く、色ムラもあるだけではなく、穴や傷も表面に大きく出ている場合もあります。
そのため、同じ大きさの勾玉でもAAAと比べると半値以下となり、安価でお求めいただけます。石好きの方には、天然石らしさが最も伝わるものとして非常に好まれています。

【 大麻紐 碧玉勾玉ペンダント 】
青めのう/碧玉/碧石/出雲石/天然石/貴石細工/ペンダント/麻紐/麻ひも/1点物 hg-asa-pendanto-1

型番
hg-asa-pendanto-1

販売価格
16,300円(内税)

■素材        :出雲特産青めのう

             栃木県産大麻

             神宮御山杉(8mm玉)

■勾玉サイズ      :縦約2.9cm×横約1.3cm×厚さ約0.9cm
    
■紐の長さ       :約70cm(長さ調節可能)





【 当店コメント 】

古来より、日本人の生活を支える素材として

使われていた“麻”

麻に触れることで清められると

考えられてきました。



希少価値の高い上質な出雲特産青めのう(碧玉)に

その美しい光沢が特徴の大麻紐と

神宮御山杉の珠を使用し、ペンダントにお仕立てました。



使用している素材全てが国産のものであしらわれています。

柔らかくて軽い着け心地で

首に触れていることを忘れてしまうほどです。



【素材 出雲産青めのう(碧玉)】

古代神話の舞台である出雲地方。

この大地の下には、日本海を連想させる深碧の鉱脈が広がっています。

しかしこの鉱脈(花仙山)での採掘は制限され、
採掘されていた深碧の石「出雲石(碧玉)」は
現在では大変希少な天然石となりました。

「出雲石(碧玉)」は、神々の国出雲に宿る神秘の力を感じさせてくれるでしょう。



【 国産 大麻 】

平成23年度農林水産大臣賞受賞農家さんの上質な精麻を
使用しております。

大麻は約180cmの樹皮をそのまま裂いて使用するため、

紐の太さや艶は一本一本違います。

また、根の部分と先端とでは太さが変わっていくため、

一本の中でも太さが変わって行きます。

自然本来のあり方を感じていただけるような素材です。

【 神宮御山杉 】

伊勢神宮の敷地に育った杉と、その種子から

神宮が特別な管理で育成した神宮杉です。

内宮に育つこの神宮杉は、天照大御神が宿られる依代として祀られ

数百年もの間、この地を守る御神木として大切に守られ、

育てられてきました。

もちろん、一般には伐採が許されておらず、

20年に一度の式年遷宮の建て替えの際に日本全国の銘木と共に使用されるのみです。


ただ、ごくまれに台風などで倒れたものだけが

御山杉(みやますぎ)と名を変えて市場に姿を現し

数ある御神木や、全国の銘木の中でも

最高級の銘木として取引されています。



とはいえ二十年間の中でも数本で回るかどうかの入手困難なものであり、

木材を扱う人たちの間でも「望んで手に入るものではない」ことから

まさしく神の御縁として特別な存在となっています。




【 お手入れ方法 】

植物性のお肌に使用できるオイル(アルガンオイル、

ホホバオイル、ココナッツオイル、椿油等) や蜜蝋ワックスで、

コーティングする様にしていただくと、

艶も出て長くご使用いただけます。

水洗いは、汚れや匂いを吸収しやすくなってしまうため、

お勧めできません。



【メール便】不可



【注意事項】

・天然石特有のひび割れや内包物がある場合がございますが、不良ではございません。

・ご使用のモニタやプラウザ等の環境により、色味が異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さいませ。

おすすめ商品