【公式】めのうの店川島-創業明治10年-勾玉|出雲石|碧玉|隠岐の黒曜石|糸魚川翡翠|国産鉱物

【勾玉/ アンダラクリスタル(シェラネバダ産) 】
アンダラ/シエラネバダ産/限定/一点物/勾玉/まがたま/天然石/貴石細工 andara-crystal-10

型番
andara-crystal-10

販売価格
31,800円(税込)

購入数
【素材】アンダラクリスタル(シエラネバダ産)

【サイズ】縦:約1.9cm、横:約1.4cm、厚み:約0.8cm



【メール便】不可



【アンダラクリスタル 米国 シェラネバダ産 】



アンダラクリスタルは、1967年に北米・シエラネバダ山脈の麓に住むチョクトー族インディアンのメディスンウーマンレディ・ネリーが約1200エーカーの私有地で偶然見つけたものです。

アンダラクリスタルが採れるその私有地(鉱脈)は「ネリーランド」と呼ばれ、地球上でもかなり高い波動のボルテックス(エネルギーの渦)であることが分かっています。

生前レディ・ネリーより後を託されたわずかなクリスタルマスターにより、今では世界中へアンダラクリスタルが届けられています。



この商品は、レディー・ネリーの意志を受け継いだ「クリスタルマスター」より譲っていただいた貴重なアンダラクリスタルを勾玉に加工したものです。



「アンダラクリスタル」という名前は超古代文明レムリアの時代、シエラネバダ山脈に存在した巨大な寺院が「アンダラ」であったことに由来し、当時の言葉で「光の街」を意味するそうです。


この商品は、レディー・ネリーの意志を受け継いだ「クリスタルマスター」より譲っていただいた貴重なアンダラクリスタルを勾玉に加工したものです。



「アンダラクリスタル」という名前は超古代文明レムリアの時代、シエラネバダ山脈に存在した巨大な寺院が「アンダラ」であったことに由来し、当時の言葉で「光の街」を意味するそうです。



【 勾玉とは 】



勾玉は古代日本における装飾具の一つで、魔除け、幸運を招く石として身につけられてきました。

また神宝とされる「三種の神器」の一つでもあります。

その形の由来は諸説あり、生命の象徴である胎児の形、太陽と月が重なり合った形、動物の歯牙の形、腎臓の形などさまざまです。



【注意事項】



・天然石特有のひび割れや内包物がある場合がございますが、不良ではございません。

・ご使用のモニタやプラウザ等の環境により、色味が異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さいませ。



※詳細についてはご遠慮なくお問い合わせください。

おすすめ商品