【公式】めのうの店川島-創業明治10年-勾玉|出雲石|碧玉|隠岐の黒曜石|糸魚川翡翠|国産鉱物

【 火打鎌 花仙山めのう 】
めのう/出雲石/出雲/天然石/貴石細工/火打鎌/火打ち menou-hiuchigama-set

型番
menou-hiuchigama-set

販売価格
4,800円(税込)



【サイズ】

鎌サイズ:縦約7.5cm×横約4.5cm×厚さ約1.0cm

石サイズ:縦約5.3cm×横(上部)約2.5cm、(下部)約4.0cm×厚み約1.4cm

※石サイズは最大値を記載しています。





【 生産地(火打ち石) 】

島根県 松江市 玉造 花仙山産めのう





【 素材 花仙山めのう 】

島根県玉湯町にある花仙山では、古来よりメノウが採掘され、その一帯は古墳時代-平安時代に玉作りの一大拠点として繁栄してきました。

しかし花仙山での採掘制限により、「花仙山メノウ」は現在極めて希少なものとなっています。単色メノウや縞・地模様があるメノウ、長い年月をかけて地熱で色づいた深みのある天然石メノウ。

石によっては美しいグラデーションを織りなすなど、どの花仙山メノウも独特の個性と美しさを宿しています。





【 当店コメント 】

火打鎌には最初に保護のための黒い塗料がついていますが、塗料がはがれると簡単に火花が出るようになります。





【 火打石の歴史 】

火打石には火興し道具としての他に古くから厄除け縁起担ぎとしても使い道が有ります。

出がけに『いってらっしゃい』と切り火で送り出されるのは清々しく気分の良いものです。

今でも伝統を重んじる職業の人・芸能人・落語家・花柳界・とび職・大工など危険な業務に従事する人に愛用されています。

おすすめ商品