【公式】めのうの店川島-創業明治10年-勾玉や出雲石 碧玉 隠岐の黒曜石 糸魚川翡翠

【碧玉 大珠 K18ペンダント】 限定!一点物
青めのう/碧玉/碧石/出雲石/大珠/K18/ペンダント/限定/一点物/ピンチェーン/天然石/貴石細工 hg-taishu-pendanto-1

型番
hg-taishu-pendanto-1

販売価格
74,800円(税込)

購入数


縄文時代の遺物として、土器や石器と共に遺跡(墳墓)から出土した大珠。
古代から勾玉と同じように、神聖なエネルギーが宿るものとして大切にされてきました。
楕円形に穴が開いただけのシンプルな形ですが、開けられた穴は全てを見通す目を表し、魔や闇の世界から守ってくれるものとされました。

穴に紐を通して、振ったり回したりして震動をあたえることで、肉体だけではなく、精神や魂を落ち着けたり、活性化したりする力を持ったヒーリングツールとして使われていたと考えられています。

【碧玉説明】
神々が宿る神秘の石「碧玉(出雲石)」

島根県松江市玉湯町の玉造温泉にある花仙山では、勾玉の材料として碧玉(出雲石)が採掘されてきました。その始まりはなんと、弥生時代に遡ります。
しかし、現在では採掘が制限されている為、碧玉(出雲石)の製品は極めて希少なものになっています。
碧玉(出雲石)の特徴は、その色彩と模様です。
まるで藍色のようにも見える、深みを持った緑色。
そこに縞や斑紋などの地模様が加わり、個性と美しさが宿っています。

【k18】
光り輝く金は昔から人々を魅了してきました。加工することによって様々な形になり、また貨幣としての価値もあるため、いつの時代も重要視されています。
富と繁栄、そして太陽のエネルギーを象徴する金を持つことで、権力者たちは我が力を誇り、更に自然界のパワーを手に入れようとしていたのかもしれません。
不変の輝きは活力を与え、再生を意味するものとされています。


【店長コメント】
こちらの碧玉大珠は碧玉らしい深い緑色をしています。
ごく僅かにクラックがありますが、碧玉独特の地模様は広い宇宙を感じさせるようです。

碧玉大珠に横穴を開け、K18のピンチェーンを通しペンダントにお仕立てしました。
碧玉の持つ深い色合いにK18のチェーンがアクセントとなり、より豪華なネックレスに仕上がりました。

シンプルではありますが、存在感のあるネックレスです。







サイズ大珠/縦:最大 約4.9僉_:最大 約1.6cm 厚み:最大約1.2僉〃蠍:約0.3僉―鼎機約14g
ピンチェーン/K18 全長約60cm(長さ調節可能) 重さ:約3g
素材花仙山 青めのう(島根県松江市)
配送方法メール便不可
注意事項 ・商品画像は、現物となります。
・お客様のご利用されるモニタの種類によって画像の色が若干異なる事がございます。
・天然石の性質上、(模様・色合い)等画像と多少異なる場合がございます。
また天然石ならではの、(ひび割れ・内包物)がある場合がございますが、不良品等ではありませんのでご理解・ご了承くださいませ

おすすめ商品