【公式】めのうの店川島-創業明治10年-勾玉や出雲石 碧玉 隠岐の黒曜石 糸魚川翡翠

【 よすかの神鏡 AAA】
神鏡/御神鏡/限定/貴石細工/神鏡/黒曜石/隠岐/隠岐産/隱伎島/馬蹄石/磨墨石/龍馬石/よすか/千木/オリジナル台 yosuka-shinkyou

型番
yosuka-shinkyou

販売価格
28,800円(税込)

購入数





熟練の職人により磨き上げられた
隠岐の島産黒曜石の御神鏡です。
「千木」をモチーフにしたオリジナルの台と
セットでお届けいたします。



【 隠岐の島産黒曜石 神鏡 】

島根県隠岐の島で採掘された黒曜石は、
そのの地質と環境がを生み出したまさに奇跡の石。

黒曜石とは流紋岩質のマグマが急冷してできた
天然のガラス(火山ガラス)で、
この隠岐産の黒曜石は中国四国地方や
新潟県の遺跡からも出土しています。
このことからも隠岐の黒曜石が良質で、古代の生活には
欠かせない石であったことが想像されます。

光沢を放つ純黒なこの石は、
御神鏡として「出雲大社」に奉納されたという
文献も残っており、その美しさは今も多くの人々を
魅了し続けています。

御神鏡は、顔を映し出すと同時に
自身の心の姿を映し出すという意味があります。
映し出された自分を見つめ、
己を顧みる機会を与えてくれているのです。

心の曇りは、御神鏡の曇りとして表れるかもしれません。
御神鏡を通して自分を見つめ直していきたいものです。



【オリジナル台「千木」】

「千木」とは神社建築に見られる、建築物の
屋根に設けられる部材です。
古墳時代には皇族や豪族の邸宅にも
用いられていました。
もともとは、屋根を建造する際に
木材2本を交叉させて結びつけ、
先端を切り揃えずにそのままにした名残り
と見られていますが、
後に装飾として発展しました。
一説には「火を防ぐ」「風除け」の意味
があったのではないかとも考えられています。

現在では神社の屋根にのみ象徴的に見られ、
出雲大社の御本殿の屋根にも設けられています。



【よすか】

よすか「寄す処」とは、
身や心を寄せて頼りにすること。
もの、こと、つてなどを
引き寄せるという意味の言葉です。


【店長コメント】
神聖なる場を象徴するものともいえる「千木」をモチーフに、オリジナルの神鏡台を製作しました。

「樺」の木材を使用した優しい色味の台に、アクセントとなるのは出雲大社の御神紋である亀甲紋をイメージした六角形の紋です。

そのオリジナル台にセットするのはAAAランクの黒曜石の神鏡です。
クラックや地模様の見られる場合もありますが、全体的に大変綺麗に仕上がっています。
周りの景色を映しこむほど美しく磨き上げられた黒曜石の御神鏡。

神棚に飾るだけでなく、インテリアとしてもお勧めの御神鏡です。

八百万神の御利益に与りますよう…






素材 神鏡:黒曜石(隠岐の島産)
台 :木製(樺)
サイズ 神鏡:直径2寸/約6cm
台 :高さ約10.0cm/横幅約10.5cm/奥行約3.0cm










配送方法について 宅配便
注意事項 ・掲載画像は、実際にお届けする商品と同等の商品画像です。
 実際にお届けする商品そのものの画像ではございません。
・この神鏡はどちらの面を表にされてもお使いいただけます。
・天然石特有のひび割れや内包物がある場合がございますが、不良ではございません。
・加工の段階で生じる細かな傷が見られる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
・木製台の木目には個体差がございます。あらかじめご了承くださいませ。
・ご使用のモニタやブラウザ等の環境により、色味が異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。
店頭での併売について 当商品はオンラインショップと実店舗との共有商品でございますので、両店舗で販売が重なる場合がございます。その際にはご注文いただいた商品をお届けできない場合もございますが予めご了承くださいませ。またその際には別途ご連絡いたします。


















おすすめ商品