めのうの店川島【公式通販】創業明治10年/勾玉や出雲石/碧玉/隠岐の黒曜石/糸魚川翡翠

【 碧玉 勾玉(ミニ) A 古代型 巴形 】 出雲石 青めのう 限定 まがたま 国産 天然石 hg-mg-12

型番
hg-mg-12

販売価格
2,200円(税込)

購入数
現在採掘が制限されている希少な碧玉(出雲石)を使用し、ミニ勾玉を製作しました。

地模様やクラックの見られるAランクの出雲石を使用。
全体的に地模様が入ったり、多少のクラックがある出雲石です。
地模様は個々様々で、水玉模様のものや空に浮かぶ雲のようなものもあります。
細かいクラックが全体的に複数見られるものや、大き目の孔様クラックが見られるものなど、出雲石ならでは個性がにじみ出た濃緑色の美しい勾玉。

ころんとしたフォルムとミニサイズが愛らしい、当店人気の古代型勾玉です。
小袋に入れてお守りに、またはオリジナルアクセサリー作りのパーツにもおすすめです。



 出雲石(碧玉)神々が宿る神秘の石「出雲石(碧玉)」。
島根県松江市玉湯町にある花仙山では、縄文・弥生時代より
良質のめのうが採掘されてきました。
古代神話の舞台でもある出雲地方。
その大地の下には、日本海を連想させる深碧の鉱脈が広がっており
その鉱脈を含む花仙山では青(緑)・赤・白のめのうが採掘されます。
特に青(緑)色のめのうはその深い色合いから「碧玉」とも呼ばれ
「出雲石」の愛称でも親しまれています。

現在この花仙山での採掘は制限され深碧の石「出雲石(碧玉)」は
現在では大変希少な天然石となりました。

出雲石(碧玉)の特徴は、その色彩と模様です。
まるで藍色のようにも見える、深みを持った緑色。
そこに縞や斑紋などの地模様が加わり、個性と美しさが宿っています。
神々の国出雲に宿る神秘の力を感じさせてくれるでしょう。


 オリジナルモデル勾玉勾玉は古代日本における装飾具の一つで、魔除け、幸運を招く石として
身につけられてきました。
神宝「三種の神器」の一つでもあります。
「まがたま」の形の由来は諸説あり、生命の象徴である胎児の形、
太陽と月が重った形、動物の歯牙の形などさまざまです。

全体的にふっくらとした厚みのある形が愛らしい、弊社オリジナルモデルの勾玉。
古代の形をイメージしながら職人と2年の歳月をかけて試行錯誤を繰り返し、
厚みやカーブ、膨らみ具合など、細部にまでこだわったフォルムを作り上げました。

勾玉の形
巴型
ともえがた
巴形。一般的な形
丁字型
ていじけい
獣型の一種。刻線を施した丁字頭形
鬣型
たてがみがた
獣型の一種。背びれ様の切れ込み入り
櫛型
くしがた
獣型の一種。獣脚や櫛様の突起がある
刻線櫛型
こくせんくしがた
獣型の一種。櫛型勾玉に加えて刻線入り



詳細情報
石種花仙山産碧玉/出雲石
サイズ等縦:約10mm
横:約7mm
厚み:約4mm
※多少の誤差はございます。
配送方法宅配便(ヤマト運輸)
メール便(ネコポス)

【注意事項】
※こちらの商品は単体販売です。また色や形はご指定いただけません。
・天然石特有のひび割れや内包物がある場合がございますが、不良ではございません。
・ご使用のモニタやブラウザ等の環境により、色味が異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さいませ。
【店頭での併売について】
当商品はオンラインショップと実店舗との共有商品でございますので、両店舗で販売が重なる場合がございます。
その際にはご注文いただいた商品をお届けできない場合もございますがあらかじめご了承くださいませ。別途ご連絡いたします。