めのうの店川島【公式通販】創業明治10年/勾玉や出雲石/碧玉/隠岐の黒曜石/糸魚川翡翠

【 糸魚川翡翠 勾玉 マクラメ編みペンダント 】 国産 天然石 まがたま 糸魚川翡翠 ひすい ヒスイ Jade カワセミ 黒柿 パワーストーン itohisui-mgneck-20-#

型番
itohisui-mgneck-20-#

販売価格
34,060円(税込)

在庫状況   1

購入数
糸魚川産翡翠勾玉のマクラメ編みペンダントです。

グレーをベースに黒のマーブル模様を散らした
美しい糸魚川翡翠をマクラメ編みのペンダントにお仕立てしました。
淡い翡翠色とはまた異なるシックな印象をもたらしてくれるお色味です。

しっかりと編みこまれた網目も翡翠を引き立て、
エンド部分の赤めのうビーズが背中を軽やかに演出します。
紐の長さの調節も簡単で、日常使いとしてもお楽しみいただける
上品で軽やかなペンダントです。



 糸魚川産翡翠新潟県糸魚川市は最古の古墳文化の地であり、日本で出土する
翡翠製品のほとんどは糸魚川産とされています。

出雲大社保有の勾玉など、日本の古代勾玉の多くは糸魚川翡翠で作られました。
また、「豊穣、生命、再生」の象徴とされ、魔除け、健康長寿のお守りとして
古くから用いられてきました。

糸魚川産翡翠は日本で唯一の、そして世界でも有数の「宝石質翡翠」として
その質の高さが評価されており、特に姫川上流の小滝地区と
青海川上流の橋立地区はその産地として有名です。

しかし昭和30年、翡翠は国の天然記念物の指定を受け、採掘禁止の鉱物となりました。
新たに市場に出回らなくなったことで糸魚川翡翠の希少価値がさらに高まりました。

古くから利用された糸魚川翡翠は、全国の遺跡などからも多く出土されています。
しかし奈良時代に突然使われなくなり、その後、昭和初期までの1200年間、
その存在が忘れ去られたという歴史をも持ち、日本古代史の大きな謎を担う石でもあります。

翡翠はもともと白色が基本であり、クロムやチタンの含有量で色が変化します。
クロムを多く含む場合には緑色、チタンを多く含む場合には
紫色や青色、石墨を多く含むと黒っぽくなります。
自然の作り出す優しい色合いは、私たちを優しく癒してくれます。



 黒柿樹齢数百年を越える柿の古木のうち、ごく稀に黒色の紋様があらわれることがあり、
この紋様があらわれた柿を「黒柿」と呼びます。
幻の木と呼ばれ、天然の造化の妙と呼ぶべき黒柿。
正倉院御物にも遺された黒柿のモノトーンの美しさは、深い心の世界を彷彿とさせてくれます。

黒柿の模様や色はどれひとつとして同じものはなく、
見るもののこころを強く惹きつける不思議な魅力を持っています。
仏教寺院や茶道具、香道などの建築やなどの建築や器物にその魅力は連綿と継承されてきました。

また、磨けば磨くほどに滑らかな木肌になり、美しい艶がでます。
この模様と艶が人々を引き付ける魅力の一つです。



 めのう瑪瑙(めのう)は、細かな石英の結晶が集まってできた天然石(玉髄)です。
様々な成分が混ざることで、幻想的な模様や特徴的な縞模様が形成されます。
日本においては、玉髄はほぼ全て「めのう」と呼ばれるのに対し、
海外では玉髄の色合いや模様などによってカーネリアン・オニキスなどに分頼されます。
玉髄の中でも特に色合いが美しいもののみ「めのう=アゲート」と呼ばれます。
このように日本と海外とではめのうの定義が異なりますが、
美しい天然石であることに違いはありません。

めのうは持ち主の邪気を吸収し、外へ排出することで持ち主の代謝を上げ、
パワーを増幅してくれます。
悪い感情に流されそうなときには、めのうをお守りに持つと良いでしょう。


詳細情報
素材【勾玉】
 糸魚川産翡翠
【編込部】
 蝋引き紐 茶色
 14kgf 3mm玉 1個
【留め具】
 黒柿 8mm玉 1個
 赤めのう 6mm玉 2個
サイズ等【勾玉】
 縦:約29.9mm
 横:約20.0mm
 厚み:約10.1mm
【紐】
 平置き全長:約42cm
 ※着用時はお好みの長さに調整可能です。
包装桐箱入り
配送方法宅配便(ヤマト運輸)
【送料無料】

【注意事項】
・天然石特有のひび割れや内包物がある場合がございますが、不良ではございません。
・ご使用のモニタやブラウザ等の環境により、色味が異なる場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
【店頭での併売について】
当オンラインショップの商品は実店舗との共有商品もございますので、両店舗で販売が重なる場合がございます。
万一品切れとなってしまった場合は、当店よりご連絡させていただきます。何卒ご了承くださいませ。